2016年10月、パート・アルバイトの社会保険適用が拡大されますよ!

あと3ヶ月後、アルバイトの社会保険適用が拡大されますよ!

まだご存知でない事業者の方々、いまのうちにあれこれ対策してくださいませ。


<アルバイト・パートの社会保険適用現行ルール>

正社員の3/4以上の勤務時間、勤務日数を働いている人


という感じだったのですが、

<10月からの新ルール>

・年収106万円(月収8.8万円、残業代交通費は含まない)を超える場合

・1週間の所定労働時間が20時間を超える場合

・継続して1年以上雇用する事が予見されている場合

※平成31年以降は従業員500人以下の事業所も適用予定。


というわけで、社会保険適用範囲がぐんと広がります。


で、この事態で何が起きるかと言いますと、

大きい所で言うと「扶養範囲内で働く」という意味がなくなるという事。

例えば、結婚している方の場合、配偶者の健康保険の扶養家族でいるためには、「年収130万円未満」という枠を守っていれば、健康保険や年金保険料を負担しなくてよかったのですが、10月から上記の要件を充たすと、自分の社会保険ができるわけなので、扶養控除内で働くという意味がなくなってしまうわけです。

会社としても負担が増えますし、働く方としても手取りが少なくなるので、扶養範囲内という考えではなく、もっとがっつり働かないと割りに合わない感じにはなるでしょう。

事業所としても社会保険の負担は増となりますので、あれこれバランスを考えなきゃいけません。



さて、実は雇用保険系も変わります。どんな事、ざっくり書くと、

・65歳以上の人も雇用保険に新規加入できる

・65歳以上の人を雇い入れた企業に対して「高年齢者雇用開発特別奨励金」が支給されます。中小企業で1名につき最大60万円、大企業では50万円。

・「介護休業給付金」が賃金の40%から67%に引き上げられる。

・マタニティハラスメントが原因で退職した場合、「倒産や解雇など事業主の都合で辞めた場合と同じ扱い」になる。


といった具合。


10月から、ここらあたりの制度が大きく変わりますので、

人材採用・活用あたりに関しては、よくよく考えて動いていったほうがよいです。




プロデュースのご相談は、にいみまで。


新美P@HIRYU KIKAKU

人材採用・活用、レストランや広報のプロデュース・コンサルティングを行ってます。●得意業界:どこでも ●最近よくやる事:Web,動画,ブログ,飲食業界のあれこれ ●本人は、こういう人です。 https://pr-hiryu.amebaownd.com/pages/439787/page_201604281012

0コメント

  • 1000 / 1000