新美P@HIRYU KIKAKU

人材採用・活用、レストランや広報のプロデュース・コンサルティングを行ってます。●得意業界:どこでも ●最近よくやる事:Web,動画,ブログ,飲食業界のあれこれ ●本人は、こういう人です。 https://pr-hiryu.amebaownd.com/pages/439787/page_201604281012

記事一覧(661)

indeed有料枠やinstagram、YouTubeを求人広告として使った場合の応募完了率

indeedのCM、もりもりでていますね。indeedは掲載無料。無料なんですけどね、掲載無料なのと効果は全然違うわけでして。例えばindeed経由の採用サイト流入数でいうと、無料枠と有料枠で100倍違ったりします(HK新美調べ・担当クライアント様平均)細かい事は、ご依頼していただいた方にお話するとしまして・・・indeedだとか他にinstagramやfacebook,adwordsにyoutube trueviewなんかも僕は求人広告としてバンバン使って運用していますが、だいたいの基準値っていうのがあります。正直、業界や難易度によって数値が全然違いますし、運用者のプロデュース能力や運用する金額にもよって全然違いますが、求人というジャンルにおいて、広告のクリック率はだいたい0.8%〜2.5%の間で推移するし、だいたい1.3%くらいあればまぁ及第点なんじゃないかな?と考えています。まぁ正直そこまでは、いろんな方が本書いたりブログ書いたりあーだこーだ言ってますのであれなのですが、大事なのはこの先。応募完了率ってだいたいどれくらいあればまぁ平均なの?っていう話。正直なところ、業界にもよるし、難易度にもよるし、どんだけお金をかけたかにもよるし。どれだけ親切なサイト設計だのかっていうのもそうだし、応募フォームがめんどくさくない感じなのかっていうのもそうだし、とにかく複数の要素が絡む話なので、なかなかどれが平均だって話は難しいです。でも、とりあえず僕が色々と運用してみた限りだけの話をしますね。あくまでも僕が運用した場合ですがindeed有料枠からの平均応募完了率は1.3%instagramだと1.8%(ただし動画)storiesだと4.8%(ただし縦型動画)YouTube TrueViewだと2.0%(場合によって10%越えの時もある)adwordsだと1.3%こんな感じかなー。正社員・APはあまり関係ないかも。だいたい1.3% ん、いや、1%っていうのを目標にして予算構築すればいいかなぁと思っています。もちろん、前後ノウハウないと、数字、おちますけどね。え?ちょっと話聞いてみたい!とかえー代理店乗り換えたい!とかなんか相談してみたいとか、これってどうなの?っていうのがありましたら、サクッとこちらまでご相談ください。お電話だと03-3490-4221まで。(土日祝や、20時すぎると受付しません。)最近、動画の話とかAIを使った最強のネット求人だとかそういうこと、やってます。

突然1か月強の入院を強いられる事になったサラリーマンのリモートワークの記録

さて、前回書いたように、これを書いている今、入院中です。GW直前まで出社して、そのままGW中通院治療→GW明けすぐ入院&手術2回という僕が、どういう風にリモートワーク をしてきたのかを書いておきます。ちなみに、業界は人材系の広告業界ですが、割と僕のやっている事が多少トリッキーかもしれないので、エッセンス程度に参考にしていただければ幸いです。■今回の仕様について・病室は相部屋、ただし交渉して2人部屋に。入院中同居者が来なかったので、ほぼ個室対応。(病院によっては2人部屋とかでも差額請求される事もあるので注意。これは地味に助かった。)・PCは自前のmac book pro(普段の仕事で使っているもの。会社にはwindowsあり)・ネット環境は会社支給のiPhone8 ただし割と早く速度制限されるので、以降は自前のwi-fi(これも普段装備しているもの)・病院内でのwi-fi通信ならびにPC使用が認められている。部屋内での電話もOK(普通は個室とかじゃないとNG)■リモートで、できた業務・クライアント様との折衝、仕様決定などの営業業務(電話のみ)・専用端末を使わなくても作業可能な求人メディアの原稿制作や管理・indeed,google adwords, facebook,instagram,youtube trueviewなどのインターネット広告の運用管理全般と運用分析・動画制作・デザイン制作・企画書制作・主にアナリティクスを使ったサイト分析・各種報告関連・その他、依頼物全般・一部会議への出席(Skype対応)■会社や他スタッフに手伝ってもらわないとできなかった事・申込書作成や決済関連・専用端末を使わないと作業できない求人メディアの原稿制作・クライアント様の元へお伺いする事という感じでした。おや?8〜9割はリモートで対応できました。感覚的には、普段会社にいるのと変わらなかったです。意思疎通という点とか普段と違うとか感覚的にいて欲しいとか、いないと管理できないとかそういう外野的な事を省くと、そんなに穴開けた感はなかったように思います。もちろん、これが接客業だとかそういうのであれば、不可能だったりします(SNSとかで広報をやるっていうのはできるかと思います)が、僕みたいな仕事とかであれば、まぁナントカはなるんでないかなぁと思いました。ちなみに、弊社、リモート制度自体はありません。イレギュラーで東日本大震災の時に列車が動かないという理由でリモート対応したという事はあります。今回は、僕が長期入院を強いられるという形でしたが、親の介護やら近親者の病気など、退っ引きならない事情で働き方を考えなきゃならないとか、それこそ会社を辞めるとか色々決断を迫られる事って多かったりします。もっと言えば、勤め人だったら会社の理解がどこまであるかによって変わってきます。こればっかりは運もあると思います。事実、僕もいよいよになったらそういう決断も辞さないと考えてます。死ぬよりは全然そっちの方がいいですしね。世の中、本当に、テクノロジーのおかげで色々なことが解決できるようになったと思います。使えるものはどんどん使って行けばいいんじゃないかなぁと思います。あと、まだ個人的に解決していない問題がありました。■入院中もリモートで働いてたけど、これって出勤扱いになるの?それとも有給消化されちゃうの?普通は私傷病とかで入院ってなったら有給消化って話になりますね。これは普通に理解できるのです。5月度は有給消化処理されましたが、リモートでもちろん活動はしてます。計算したらフルタイムではない部分もありますのであれですがね。これに関しては調べてもなかなか記述されてる文とかを見つけられず。えーっと、こういう場合ってどうなるんだろうなぁってモヤモヤしております。全日有給消化にして欲しいなんて思ってはいませんがね、さぁどうなるんでしょうか。こちらは復帰後交渉ですね。この顛末も、またブログで書きます。ほら、退院できたとしても、割とこれからも通院っていうイベントが割と入ってきますからね。有給OVERしたら傷病手当金もあるし、最悪もう割り切るか、ですね。いろんな意味で。最後に、実家で会社経営を何十年かしている父が今回こういう言葉をかけてくれました。(本人は、がんサバイバー)「仕事とか会社より、健康や体が大事。これがなかったら結局元も子もない。そういう事を蔑ろにする組織は価値がないから去ってしまった方がいい」確かにそうですね。自分の身を守れるのは最終的に自分だけですからね。そんな感じです。続報とか他のまとめとかはまた明日にでも書いてみます。病気だとかあれこれのイベント、辛いだけでなく、いろいろなものを見直したり、周囲のあれこれを本当の意味でジャッジするいい機会かもしれませんね。

突然1か月強の入院を強いられる事になったサラリーマンが用意すべきもの

病っていうものは、いつだって不意にやってくるものだ。不意にっていうと、病だけじゃないね。親の介護の人もいるだろうし、子供云々の人もいるだろうしね。やむを得ず職場を長期離脱しなければならない人って実は大勢いると思う。不安だよね。さて、僕はといえば、4月後半に病変に気づくも我慢して出勤してました。ちなみに、ブログ更新が止まった日が、僕がかなり調子悪くしてやばくなった日です。我慢してればなんとかなると思ったんだけどなぁ。無理でした。いよいよやばくなり通院すると「入院しないとマジで死ぬよ」と診断され、入院→手術(1回目)→回復待ち→さらに手術(2回目)→回復待ち(イマココ)です。そう、まだ僕、病室内なのです。この辺の仕事に関するあれやこれやっていうのは、次のブログで事細かに書きますが、入院して思ったことが・・・・仕事や生活やらで不安な日々を過ごす人が割と多い。・当事者ではない他人には一切理解されないと思ったほうがいい。・どれだけ生きる術というか知識を持って行動するかは超重要。・頼れる人には頼らないと、かなり辛い。・お金をケチっている場合ではない。・備えあれば憂いなしは、マジです。病気も怪我もあれやこれやは、いつだって突然。ってな具合です。ネットでゴリゴリ検索しても、あまりにも情報がなさすぎたので、この先、入院&手術する!っていうことになった方のために、今日は、入院や手術が決まったときに用意しておくものをざっと書いておきますので、参考にしてみてください。【何が何でも用意するもの】・限度額適用認定申請書(総務担当の方に聞いてね)詳しいことはこちら https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151これがあるのとないのとでは全然違います。入院〜手術って、普通に支払うと、びっくりするほど高額になります。僕の場合だと普通に新車1台買えそうです。この限度額適用認定書も、できるだけ早くしたほうがいいです。というのも、医療費計算は毎月1日起算で月ごとで集計されるため、1日でも早く認定書を出してもらった方が一時的とはいえ、懐の痛み具合が全然違います。・健康保険証そもそも入院時に必要。・ある程度の現金や筆記用具僕の場合はありませんでしたが、病院によっては入院保証金が必要な場合があるみたいです。・直前まで服用していた薬や、お薬手帳などのログ入院後の薬剤管理や治療の為のデータベースとして超重要。【入院生活で必要なもの】・着慣れた寝衣入院中、ほとんどこの姿になります。1日数百円でレンタルできるサービスもありますが、個人的にはデザインや色が気に食わないので、持ち込みしました。型が指定される病院もあるので要確認。・下着類1週間分もあればいいかなぁ。病院内で洗濯もできます。・タオルこちらもレンタルできるサービスがありますが、使い慣れたのがいいです正直。バスタオル数枚と普通のサイズのタオル数枚。1週間程度分あるといいです。・滑りにくい、クッション性のいい履物手術後、よほどでない限り、リハビリが始まり、ガンガン歩きます。履きやすいのを選んだ方がいいです。・歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、ボディシャンプー、髭剃り、割れないコップ実は、シャンプーを忘れて一時期ボディシャンプーのみで対処していたことが僕はあります。体を清潔にしておく事が常に求められるので、用意しておきましょう。病院によってはお茶とかを給仕してくれるので、コップは用意しておきましょう。【入院生活で、あるといいもの】・ノートPC(もしくはタブレット)とWi-Fi僕だけじゃなく、数年前に癌をやった父も、このスタイルでした。リモートワークをしたり、いろいろ調べ物をするのに重宝します。僕は、めちゃくちゃ使いました。リモートワーク云々に関しては、細かく次のブログで書きます。後、ノートPCとかは、自分の病状やらログをとるのに重宝します。病状以外にも、誰が見舞いにきてくれたかとか、誰が何しただとか、事細かにログをとるのも、あとあと重要です。ちなみにノートPCやwi-fi禁止な病院もあるので、そこは確認で。・電源タップ充電が必要な機材が2つ以上あるなら、必須。割り振られているコンセントが大体1つくらいしかないので。・箱ティッシュとウエットティッシュ割と使います。何かといろいろ。僕は病院内のコンビニで買い足しました。鼻セレブ的なのがいいです。・イヤフォン共同生活になるので、音漏れ厳禁ですのでこれは、ある意味必須。ただし個室対応だったら話は別です。僕はうんよく個室のような状況で過ごしていますので不要でした。・箸とかスプーンなど病院食は自前の箸とかで食べることになります。僕はめんどくさいので割り箸を用意しました。毎回捨ててます。・A4クリアファイル地味に書類が多いです。検査結果とかあれこれ書類を管理するのに、これは、あった方がいいです。・味変アイテムふりかけなど。塩分など制限のある人は我慢してください。病院食は食べた量だとかも逐次チェックされますから。・アロマグッズ個室とかだったらOKだと思います。精油をディフューザーで噴霧していくやつ。ナーバスな気持ちが落ち着くのと、割と独特な匂いも病院内することがあるので、個人的には超重要。今回、こういう機材とオリジナルの調合アロマを仲間が作ってくれました。・1000円札テレビカードを買うのに必要。お釣りとか出ませんからね。退院時に返金対応あります。・からだふき病状や手術状況によっては風呂やシャワーに入れません。そういう場合は必須です。病院側が体を拭いてくれる時もありますが、毎回ではないので。大体用意するものと言ったら、こう言ったところでしょうかね。あとは、担当医とか看護師さんへの敬意やらも忘れずに。長い入院期間、頼れるのはこう言った医療チームの方々なので。でもまぁ、これくらいでしょうかね。あまりものが多すぎると、おく場所やら退院時にも困りますからね。まぁでも、大抵の生活用品は病院内で仕入れられますので、最悪、絶対に必要なものとPCとWi-Fiさえあればいいんじゃないかなと個人的には思います。本とかもコンビニにあるし、善意の本棚的なのもありましたしね。あと、月並みですが、「用意すべきは覚悟」でしょうね。かなり気持ち、ナーバスになりますから。入院も手術もそうですし、これからの事に関しても。これに関しては、自分との戦いです、頑張るしかありません。後のことを考えてもしょうがないですし、あれこれ自分の行動を見定めるいい機会かと思います。実際、いまの僕がそうですし。さて、次回は、入院時のリモートワークとかそこらについて書こうかと思います。そっちの方に、仕事的に用意しておくこととか、そういうのを書いて行きます。