indeedは職種名の書き方ひとつで効果が段違いに変わる。

2016年の7月に、こういうのを書きました。

正直内容も古くなってるよなぁっていうのと、indeedへのインデックスなどを見据えたやり方をしていかないと、ぶっちゃけ効果をあげるのって難しいよなぁという想いから、また再度いろいろ分析しています。

最近、社内向けにSEO上の攻略本みたいなのを作りまして、あれこれ仲間たちに伝えています。書き方で全部変わるよ、効果!っていう話ですね。

たとえば、indeedて最近、求人テキスト情報を全部拾うよ~とか、絵文字は容赦なく切ってくるよ~とか、indeed内では、すべてのテキストが検索対象になるよ~、とかね。当然indeed公式じゃないですが、わりと分析していくと、何すればいいか攻略予測はたってくるわけです、僕としては。で、実は、求人メディアとかによっても、どこを対応させればいいのか?的な事もだいたい決まってまして、


社内的これも共有しているものなのですが、どこの部分を頑張らなきゃならないのか?的なことを各メディアごとにノウハウ共有をしています。


とくに、枠型商品とか自社サイトとかになってくると、ここああたりの扱いが本当に重要なので、原稿づくりにおいては、特に気を付けてもらってます。(僕が直接取引するクライアント様の場合は、僕自らやります、もしくは監修します)



単なる求人広告を売ってるだけの代理店だったら、こんなんやらないですよね。超めんどくさいですから。でも、ネット広告から動画からなんでもやる僕としては、やっぱりこういう事を細かくやっていきたいわけです。


どうせ求人出すなら、ここまで細かく考えた出し方、してみたほうがいいですよ。


ちなみに・・・職種名とかを対策してどれだけ変わった?っていう話ですが、採用難職種1つ物流系のスタッフ募集ですが、


1か月で応募12名 応募単価約2万円

開始9日間で応募18名 応募単価7,500円


なんていう事例が出ました。

あぁ、indeed対策はGoogle対策でもあって、その逆もしかりだったりしますね。


気になる方、お問合せください。

新美P@HIRYU KIKAKU

人材採用・活用、レストランや広報のプロデュース・コンサルティングを行ってます。●得意業界:どこでも ●最近よくやる事:Web,動画,ブログ,飲食業界のあれこれ ●本人は、こういう人です。 https://pr-hiryu.amebaownd.com/pages/439787/page_201604281012

0コメント

  • 1000 / 1000