やっぱりまだまだテレビの影響力って強いと思う。

いくらいいことをやっていても、
いくら、おもしろいことをやっていても、
知られなけりゃあ、がつんと大きい事はなかなかできない。
もっと言えば、人材も入ってこない。
そもそも、気づいてくれないからね。

地味だけど、めっちゃ売上を伸ばしている企業だって世の中には沢山あるのですが、
いかんせん人材集めの時のポイントの1つが「どう認知させるか」「どうイメージ付けするか」という所もありまして。それを考えると、いまだにテレビってすごいなぁとおもうわけです。


ネット社会だなんだ言っても、そのネットのコンテンツがテレビに引っ張られる事も結構多いわけです、もちろん逆だってあるわけですが。

それなりの規模感の企業だったり、それなりにPRも大がかりなことをしていかないと、人が集められないのであれば、知ってもらうための投資という選択肢だってとっていかなければならないと思うわけです。知ってもらう事が目的なので、なかなかKPIなんかここやでって示しにくいですが、必要な事だと思います。


手っ取り早いのはテレビでしょう。ほんとに。
その次に、ラジオやら交通広告やら。
生活導線軸にあるメディアをどうジャックしていくかってのはポイントですね。

お金、かかりますけど。



プロデュースのご依頼は、新美まで。

新美P@HIRYU KIKAKU

人材採用・活用、レストランや広報のプロデュース・コンサルティングを行ってます。●得意業界:どこでも ●最近よくやる事:Web,動画,ブログ,飲食業界のあれこれ ●本人は、こういう人です。 https://pr-hiryu.amebaownd.com/pages/439787/page_201604281012

0コメント

  • 1000 / 1000