真面目にまともな記事を書いて出していけばいいだけの世界だと思う件。

WELQをはじめ、いろいろな問題が露呈したのか、他社でもスポットライトギャザリーなども記事削除が相次いでいますね。ここら辺のことは各ニュースサイトや、あれこれ検索するなりしていただくとして、いつかはどこかで何かしら問題が起きるんだろうなぁとは思ってましたが、なかなかのでかい問題になったなぁというのが正直な感想です。


恐らく、一気に何百もの記事をUPしてると思いますので、チェックとか全部は出来てなかってんだろうなぁとか、1本単価が恐らく安いかと思うので、クオリティ自体もどうなのかなぁとか、いろいろと思う所はあります。また、広告収入の事を考えるのであれば、第一にSEO的な考えをベースに記事を書く事もあるのでしょうから、そのあたりの事もクオリティ低下に一役買ってしまったのかもしれませんし。憶測なので何とも言えませんが、このネタ、大丈夫かいな?というのも割とあったし、別ブログで僕が書いているのもさくっとパクられたこともありますので、結構足回りは荒っぽかったんではないかと推測できます。


ちゃんと裏どりして、まともな記事1本をまともな形で出していくとしたら、1本単価本来はそこそこの金額を見ておかなければならないのでしょうが、やはり、質の悪い記事は淘汰されていくものだと思います。Googleで検索上位に入っていたとしても、その記事を見て期待してアクションしたはいいが、出口で期待を裏切った時のしっぺ返しは、本気で怖いということを自覚しないといけないかと思うのです。


地道で真っ当な事ではあるのですが、コンテンツ制作は、しっかりと真面目に、パクりとかではなくちゃんとオリジナルで。
真っ当な記事が真っ当な世界を作るのだと、僕は信じてます。



プロデュースのご依頼は、にいみまで。

新美P@HIRYU KIKAKU

人材採用・活用、レストランや広報のプロデュース・コンサルティングを行ってます。●得意業界:どこでも ●最近よくやる事:Web,動画,ブログ,飲食業界のあれこれ ●本人は、こういう人です。 https://pr-hiryu.amebaownd.com/pages/439787/page_201604281012

0コメント

  • 1000 / 1000