2016年7月度・日本5大アルバイト求人広告『フロムエーナビ』『タウンワーク』『マイナビバイト』『バイトル』『アン』をアクセス分析的視点から比較してみた

まいどおなじみ、5大アルバイト系求人サイトの月次比較がやってきました。
前段に画像を入れるのがめんどくさくなったので、やめました。


今回も、

・フロムエーナビ(全求人案件タウンワークに転載)

・タウンワーク

・マイナビバイト

・バイトル

・an(全求人案件LINEバイトに転載)

これらを、SimilarwebProを使って、2016年7月度のアクセス分析をしてみたいと思います。


まずは、アクセスシェア比較。

全体的には先月とほぼ変わりありませんね。
その中で、デスクトップユーザーのアクセスシェア比較はというと、

先月に比べて、若干マイナビバイトの数値が落ちた分、タウンワークが増えている模様。
モバイルユーザーのアクセスシェアは

こんな感じ。
ものっすごい薄っぺらい話をすると、モバイルユーザーだけに特化してみるのであれば、難採用案件や集客めっちゃがんばらないといけない案件の場合は、タウンワーク・マイナビバイト・バイトルを併用していきましょうっていう話ができるんではないかと思います。


各サイトのデスクトップ/モバイル比較もしてみましょう。


このあたりの比率割合は安定的ですね。モバイルといえば、マイナビバイトって言えるかもしれませんね、安定的に。

アクセスを数字で見てみましょう。


今月は大幅な増減はみられませんね。

4カ月の動向をグラフにすると、こんなかんじ。

さて来月以降どうなるでしょう?楽しみです。

滞在時間や平均PV,直帰率から実質利用者と総PV仮に出してみたのが、こちら。

こちらも先月とあまり変わらず。
集客状況を見てみましょう。

実は7月度、タウンワーク以外はネット広告からの流入数が2%前後増加している傾向にあります。
かなり予算投下したのではないかと推察されます。そうでもしないと集客できなかったのか?それとも季節要因なのか?検証する余地、ありそうです。自社でネット広告を出すという可能性があれば特に。

集客という事で、各求人媒体のIndeed比率も見ておきましょう。

マイナビバイト・バイトル・anで比率が若干上がっており、フロムエーナビ・タウンワークは比率が若干下がってますね。


ここにきて、有料広告からの集客に各サイト動きが出てきた模様です。



プロデュースのご相談は、にいみまで。

0コメント

  • 1000 / 1000