12月は中途採用を仕掛けるのに絶好の季節だという理由と、そんな時だからこそリクナビNEXTを利用するという理由

 
さて、まもなく12月です。
12月といえば、即戦力人材などを確保するには実は重要な時期です。
なぜなのか?という事をまずは書きますね。
 
【背景】
・ボーナス時期は「ボーナスをもらってから会社を辞めよう」という方が続出します。
※ボーナス前に会社を辞めたい!申告をする方はほぼ稀です。ボーナス前に話がまとまると、ボーナスを該当者には出さないとかそういう会社もあるみたいですから。
 
・年末と年度末は気持ち的にも切りがいいので、辞める決断がしやすい。(新年から気持ちを切り替えて新天地で働きたいと考えます)
 
【求職者の動き】
・12月初旬前後から、求人企業の物色を始めるほか、あまつさえ登録しておいた求人サイトを通したオファーのチェックが頻繁になります。
 
・案外、冬休みはネットを見る時間が長くなり、考える時間も増えるので、エントリー等のアクションは活発。だが面接面談となると、本命以外は足が重い傾向
 
【だいたいのスケジュール】
①12月あたま位から、物色してる求職者に情報提供
②12月3週前後から面談など(場合によっては年明けも)
③1月、遅くとも2月から入社してもらう段取りで。
 
 
ただし、1~3月に関しては、4月入社を目論んだプロモーションになる他、
第2新卒や行き遅れ気味新卒、アルバイトから社員へ!と、人材獲得戦争になります。
なので、前倒して12月くらいからPRは始めておいたほうがよいです。
集まりにくい業界の場合、嫌でも募集の長期化は避けられませんから。
 
 
さて、そんな中、今年はリクナビネクストを使った公募はお得かと思います。
そもそもSEO的にも強い媒体なので、フリーで仕事を検索する方をキャッチアップするにはもってこいの公募媒体なので、よくご案内していますが、
12/18or12/25のご掲載がお得です! 通常2週掲載が5週間掲載になりますので、
普段4週間掲載されている企業の方はもちろん、そうでない企業様にもお得かなと思います。
 
※ここらあたりは、弊社営業か僕までお問合せ下さい。
 
 
とはいえ、単純に求人媒体を出せば人が来る!という考えだと、失敗する可能性が高くなりますので、採用設計やらプロモーション方法、訴求方法はもちろん、欲しい人材のペルソナをしっかり作る事が滅茶苦茶重要になります。
ここらあたりは、是非お任せ頂けたら幸いです。
新美P@HIRYU KIKAKU

よろづプロデューサー・ブロガー・食の探求者

人材採用~活用のためのトータルプロデュース、PR(飲食系が多い)のプロデュース・コンサルティングを行っています。

現在は飛竜企画に所属をしています。
求められて、たくさん評価していただける世界に
どんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000