今日から始めて効果が出る、採用動画の作り方⑦iPhoneで撮影をするときの心得

動画撮影の続きです。
素材撮りをするには、そりゃあいいカメラでいい技術をもった方で、まともなマイクを使って照明もちゃんとしていてというようにあれこれ準備できていれば最高ですが、そうもいかない事情もでてきますよね。例えば、

・どうしてもスケジュールが合わずに取材ができず、手持ちのスマートフォンで撮影をしなければならない。

・予算がほんとうギリギリで、お安く作らなければならない。

・編集は簡単でいいから、とにかく早く世の中に出したい!

という時とかですね。

そんな時、お手持ちのスマートフォン、まぁだいたいiPhoneが多いでしょうかね。これで動画を撮るとき、どうすればまともな素材が撮れるのか?というのが課題になります。



えぇ、実は2年前に社内向けに資料を作ったんです。
iPhoneできれいな動画を作る方法のノウハウ集を。
パワポで簡単4ページ構成でね。
あんまり社内で活きることはなかったので、公開します。

これさえ守れば、だれでもそこそこに、いい素材はばりばり撮れます。
ほんとですよ。

うん、これさえできれば、素材撮りは怖くない!

言い切れます。もちろん限界はありますけどね。


さて、いよいよ次回は編集のお話へと参ります。


来月8月はセミナー3回開催します!

今日から始めて効果が出る採用動画の作り方バックナンバー

①なぜ採用動画をやるのか?

②最初にやる事は、誰に何を伝えてどういう効果を求めるのか?を決める事

③どんな表現が刺さるのかを案だしする。

④ざっくりと、お話の流れを決める。

⑤動画素材を撮る

⑥カメラはよいものに越したことはないけどiPhoneでも割となんとかなる。


前置きはいいから、とにかく採用動画を始めたい!とか

もろもろ相談に乗ってほしい!という方は、

早速ご連絡をお待ちしております。



新美P@RICTEC by 飛竜企画

企画・運用だけでなく、Web/動画の制作・SEOやSNS戦略・ブランディング・モデルコーディネートまでこなすプロデューサー。飲食・サービス業界に関してはセールスプロモーションの実績もあり。趣味と実益を兼ねた活動も随時行っています。

求められ、評価していただける世界にどんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000