タウンワークからindeedにインデックスさせるアルゴリズムが変わった件

これまでも、タウンワークからindeedへのインデックス状況ってこうだよっていうのを書きました。

2018年の11月の記事ですね。

で、最近ふと調べてみたら、なんかおかしーなーと思ってたら、アルゴリズムが変わってました。

僕がめちゃくちゃ毛嫌いしているキャッチコピー欄がインデックスされているのと、

ようやく!といっていい程の、仕事内容欄がインデックスされているという大きな改変がありました。

まぁどこがどうインデックスしますよ~っていうのを公式には教えてくれないので、僕が全部目視で比較しながらこれを書いてますので、まぁSEOをの攻略法レベルで知っていただけたら~と思ってます。

では、どう変わったのか。

弊社のタウンワーク原稿をベースに1枚にまとめてみました。


まぁ、こんな感じになってます。

キャッチコピーに関しては、OG:TITLEにも入るようになっていますが、SEO的にはOGPは特に有効かといったらそうでもないので、僕としては、

A4サイズ以上の原稿枠だったらキャッチコピーも使うけど、A3以下とか枠得レベルだったら、わざわざキャッチコピーを使わないで、仕事内容をしっかり書ききっていくほうがいいと思っています。どちらをとった方が求職者的に伝わるか問題ですが、僕はこうしたほうが求職者のためにはいいと思っています。


あと、絵文字とか記号がタウンワークを通してインデックスされてきてるなぁという状況ですが、少なくとも僕はそういうのを使いたくないです。え?書くことそんなにないの?ねぇねぇ、本当に?って思ってしまうからです。まぁ他にも理由はあるんですけどね、今日はこんなところで。




セミナーやります。

新美P@RICTEC by 飛竜企画

企画・運用だけでなく、Web/動画の制作・SEOやSNS戦略・ブランディング・モデルコーディネートまでこなすプロデューサー。飲食・サービス業界に関してはセールスプロモーションの実績もあり。趣味と実益を兼ねた活動も随時行っています。

求められ、評価していただける世界にどんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000