活用してみたほうがいい!facebookの求人機能についてのまとめ

さて、日本でもfacebookの求人機能を使ってのリクルーティングが出来るようになってきました。いつのまにかローンチされていましたね。

facebookのビジネスページをちゃんと立ち上げていれば使えるという点と、いくら求人情報を掲載しようが応募が来ようが、いまのところ無料。集客を効率化するには、facebook広告を有料でやる。あとはfacebookの中に求人ページがあって、そこにも掲載されるという仕組み。もっと言うと、まだ日本ではローンチしていないGoogle for jobsにもインデックスされる(ということは、ローンチしたらGoogleにインデックスされるから超重要じゃない?)わけですから、今のうちから、facebookを活用した採用、やっていったほうが確実にいいですね。


求人原稿のつくり方は、こんな感じです。

facebookビジネスページ編集画面から求人ページの原稿制作ができるページに遷移して、どんどん書き込んでいきます。

仕様としては、

職種、勤務地、給与、雇用形態(フルタイム/AP/インターン/ボランティア/契約社員)仕事情報詳細(MAX5000文字)、求職者への質問機能MAX2問、メールで応募を受け取る際、任意のメールアドレスを設定可能、写真1点をアップロード可能 。

こんな感じです。

インデックスだとか集客を考えるなら、職種の書き方と、詳細内の5,000文字枠をいかに上手に使っていくかがポイントです。

facebook広告も当然使えます。求人広告を書いて、投下したいエリアに投下するというスマートな方法が試せます。ですが、通常のfacebook広告と違って、男女セグメントや年齢セグメントはできないようです。

※最近、男女セグメントや年齢セグメントに関して、結構厳しい対応をされる事があります。差別はポリシーに反しているという理由で。


で、今度はfacebookの求人ページ、受け手側からの見え方。
facebook内に求人カテゴリが実はできています。いつのまに。

で、これをクリックすると、


こんな一覧がでてきて、クリックしたら求人原稿が見られるっていう仕組み。

業種絞りもできます。


雇用形態は、フルタイムか契約社員か、APかインターン。ボランティアっていう枠があるのがまた新しいですね。


もちろん、どんなジャンルなの?っていうセグメントだってできます。


エリア検索も、おもしろそうですね。


ポイントとしては、ある意味indeedと同じで、
求職者に対して、どれだけ有益な情報を与えるために努力できるかってのが、まずは一番だと思います。もちろん、テキスト制作に関するノウハウはまだ別途にあります。

あと、facebookというフォーマットなので、当然通常のPRをしっかりしなければならないのと、メッセンジャー等を使ったfacebook上でのコミュニケーションも重要になります。


とはいえ、まだ僕も調査中でもありますので、

ここらへんの事は、しっかり分析していきたいと思います。
無料なので、トライアルでがしがし使えばいいと思っています。



あれこれ興味のあるかた
サクッとこちらまでご相談ください。

お電話は03-3490-4221まで。
(土日祝や、20時すぎると受付しません。)

新美P@HIRYU KIKAKU

よろづプロデューサー・ブロガー・食の探求者

人材採用~活用のためのトータルプロデュース、PR(飲食系が多い)のプロデュース・コンサルティングを行っています。

現在は飛竜企画に所属をしています。
求められて、たくさん評価していただける世界に
どんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000