東京が一番最悪!?飲食の仕事の有効求人倍率がえらい事になっている件

毎月の有効求人ばかりでなく、職業別の有効求人倍率も各県のデータを拾うようになりました。というのも、本気で飲食、人が集まらんわけです。

で、7/31に国から出たデータをざっく~りとまとめたら、こうなりました。


正直言いまして、警備の仕事とかはオリンピックとかもあるので、今かなり求人倍率あがってますが、そうじゃないところで、東京都が接客・給仕の仕事で、倍率8.81というめちゃくちゃな数字になっているところに注目です。

警備とかを除くと、全業種の中で最悪の数字を叩き出してます。調理のほうがまだましな数字だって思えてしまうくらいです。


こんなに人気ないのかよ・・・なんて思いましたが、東京以外だと、またちょっと様子が違うようで、大阪だと逆に調理系が厳しかったり、いやいや東北とか北海道はぜんぜん余裕だったりと、難易度も問題も各県でちがいます。


それにしても、まぁ異常な数字ですわ、ほんとうに。



この記事にもあるとおり、もうね、危機感まったくないとか、これまでどおりにやればいいとか、お金かければいいとか、そんなんぜんぜん通用しないです。根本的な対策しないと、だめっぽいですね。



あれこれ興味のあるかた

サクッとこちらまでご相談ください。

お電話は03-3490-4221まで。

(土日祝や、20時すぎると受付しません。)

新美P@HIRYU KIKAKU

よろづプロデューサー・ブロガー・食の探求者

人材採用~活用のためのトータルプロデュース、PR(飲食系が多い)のプロデュース・コンサルティングを行っています。

現在は飛竜企画に所属をしています。
求められて、たくさん評価していただける世界に
どんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000