そういえば共起語を意識するとかそんな話もあったような。

共起語って、コンテンツマーケだとかSEOだとかをやってる人くらいしか認知してない言葉だと思いますが、ざっくりいうと、こういう事。


共起語とは、あるキーワードが含まれた文章コンテンツの中に、そのキーワードと一緒に頻繁に出てくる単語の事。

まぁ、本来はちゃんとまともなコンテンツを書いていれば、勝手に共起語なんて入ってきはするのだけれどもね、より効果をアップさせたいなぁとかあった際に、そういうキーワードを調べて、それをもとに文章再構築をしたりして、アクセスを稼ぐといったそんな方法ですね。ほんとざっくりな説明だけど。


じゃあその言葉、どうやって調べるのかといったら、わりとそういうツールもでてるみたいです。

たとえば・・・




とか


とか。


わりとこのへんもいいかも。




これもシンプルでいいなぁ。



で、例えば

「目黒 バイト カフェ」っていうワードで共起語をひろってみると、
アルバイト バイト 求人 カフェ 自由が丘 東京都 OK 時給 シフト 勤務 徒歩 スタッフ 時間 目黒区 歓迎 目黒 経験 交通 情報 関連 ホール

てなワードが共起語として出てくるので、これらをつかってわしゃわしゃやれば。。。なんて思うでしょうが、うまくやらないと、検索エンジンに向けての操作的なSEOなのでペナルティの危険が入ってきますので、うまくやってよね的なそんな話でしょう。


もっとも、まともなコンテンツを作っていれば、わざわざそこまで気に病むこともないんでしょうけどもね。



プロデュースのご依頼は、新美まで。

新美P@RICTEC by 飛竜企画

企画・運用だけでなく、Web/動画の制作・SEOやSNS戦略・ブランディング・モデルコーディネートまでこなすプロデューサー。飲食・サービス業界に関してはセールスプロモーションの実績もあり。趣味と実益を兼ねた活動も随時行っています。

求められ、評価していただける世界にどんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000