本当はあまり使いたくないけど、こういう事もチョイスとしては持ってます。


世の中、というかこのWebの世界というのは、よくもわるくも清濁併せ持つ世界だと思ってます。高度な技術をよい方にも悪い方にも使えてしまうそんな世界ですし、価値観やらそういうのも操作できてしまう世界でもあるわけです。

かつて、ひろゆき氏が言った「嘘を嘘と見抜けないと難しい」という言葉通り、Webって、閲覧者に対してある程度の知識量は要求されると思います。
嘘が本当のように情報が出てしまう世界ですし、(Welqとかヘルスケア大学とかのあの関連の問題)、その方がアクセスが増えるとか儲かるとかそんな世界にも正直なっていたりしますし、ちゃんと広報をしていなかったが為に、意図していない事が真実だと世間に知られていくケースも多々あるわけです。


不当に貶められた場合にどうするかっていう事や、
ちゃんと評価される為にどうするかっていう事、
やり方はあるわけです。


例えば・・・

・GoogleやYahoo!のサジェストキーワードの適正化
・クチコミサイトでの情報の適正化
・2chとかのスレッド削除
・SNS関連の運用
・悪質なユーザーからの攻撃に対する防御

とかで対処したりします。
僕個人で対処する事もありますが、ノウハウのある協力会社さんとかとタッグを組んでやる事もあります。


ただ、これらの技術・方法っていうのは悪用しようと思ったら出来ちゃうんですわ。
僕個人としては、本当に困った時にしかできれば使いたくないやり口でして。
ただまぁ、本当に混沌とした世界ではあるので、いろいろな手口は知っておかなきゃならんとは思っております。


云われなき攻撃をされて、不当に価値を低くされた時に、
それを回復させる為の1つの手立てとして、使うっていう感じでしょうかね。


なんでもできるWebの世界だからこそ、
本来は人間力が問われるのですが、
そうでもない、割と混沌な世界になっているので、
そこを乗り切り、真にユーザーに対してためになるものを
届けられればなぁと日々思う次第です。



プロデュースのご依頼は、新美まで。


新美P@HIRYU KIKAKU

人材採用・活用、レストランや広報のプロデュース・コンサルティングを行ってます。●得意業界:どこでも ●最近よくやる事:Web,動画,ブログ,飲食業界のあれこれ ●本人は、こういう人です。 https://pr-hiryu.amebaownd.com/pages/439787/page_201604281012

0コメント

  • 1000 / 1000