GoogleのPageSpeed Insightsを使って、より効果の出るページに作り替えていこう。

Googleさんってのは、知らんうちにいろんな便利ツールを実装していて、すごいなぁと思うわけですが、割とこれとかは、専門の人くらいしか使ってないかもなぁ。PageSpeed Insights。
なにかと言うと、あらゆる端末でウェブページの読み込み時間を短くしようという、その為のガイダンスを自動的にやってもらえるツール。どんな風に出てくるか、とりあえず弊社のサイトで試してみましょう。

こんな風に出てきます。
修正方法とかもガイダンスしてくれるので、まぁ便利です。
90点を目指しましょう的な話ですが、

ameba owndを利用した僕のこのサイトも、だいたいこんなもん。

さすがに、タウンワークは得点高いです。

マイナビバイトとかは、こんなかんじ。


さすがにgoogleは100点ですわね。


ページの読み込みが早いのは、いいことです。
サイトの表示速度自体も検索順位決定の1要因にもなりますし、何より読み込みが遅いサイトはユーザビリティ的にも問題になるので、直帰率もきっと高くなってしまうでしょうし。


この、読み込みの高速化というのは、チェックしておかなければならない重要な指標かなと思います。



プロデュースのご依頼は、新美まで。


新美P@RICTEC by 飛竜企画

企画・運用だけでなく、Web/動画の制作・SEOやSNS戦略・ブランディング・モデルコーディネートまでこなすプロデューサー。飲食・サービス業界に関してはセールスプロモーションの実績もあり。趣味と実益を兼ねた活動も随時行っています。

求められ、評価していただける世界にどんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000