いい人材ってなんだ?

採用実務で、一番基本中の基本のお話ですが、意外と忘れられてる事ってあります。それは、

「いい人材って何?」っていう事です。

めちゃくちゃファジーな言い回しなので、結局どこを狙って採用戦略を策定するの?とか、そもそも基準をどこにするのか、本当に必要なのか、予算はあるのか?そういう事も含めて策定がなかなかできづらかったりします。

ダイヤモンドオンラインでもありましたが、世の中にいい人材はいないと思った方が僕はいいと思っています。

いい人材って、だれにとっていい人材?
会社にとって都合のいい人材?
安く採用できて、めっちゃポテンシャル高くて実務素晴らしくて、安月給で働いてくれる人材?

ここに関しては、もう、めっちゃ本音で、なんで人が欲しいのかとか、どういう人材がいい人材かっていうのを、経営者とかは、本音でガツンと言ってしまえばいいかなぁと思ったりします。もっとも、言い過ぎてえらい事になってもあれなんですけどね。


いい人材って何?っていうのをどんどんつきつめていくと、案外解決方法が出てくるやもしれません。もしくは、あきらめて別の方法を策定するという事も。



プロデュースのご依頼は、新美まで。


新美P@HIRYU KIKAKU

人材採用・活用、レストランや広報のプロデュース・コンサルティングを行ってます。●得意業界:どこでも ●最近よくやる事:Web,動画,ブログ,飲食業界のあれこれ ●本人は、こういう人です。 https://pr-hiryu.amebaownd.com/pages/439787/page_201604281012

0コメント

  • 1000 / 1000