求人広告で「やりがい」っていう言葉が大漁なので、こんな本を読んでみるといいと思います。

いまさっき、求人広告でやりがいっていう言葉、どれくらいヒットするかな?と調べてみたら、1,290万件ありました。やりがいが、大漁ですね。
 
やりがいって検索すると、
こんな風にgoogleさんではでてきます。
  • やりがいって何?
  • やりがいのある仕事って?
  • そもそも、やりがいっていう事自体が幻想では?
だいたいそんな風にみなさん思ってるんでしょう。
 
さて、15卒のリクルーティングも始まってまもなく2週間というところですが、
マイナビさんもしっかり「やりがい」で沢山検索できますね。
リクナビさんも、大漁です。
やりがい祭です。
 
中途でも
大漁!
 
アルバイト・パート市場でも
大漁!!!
 
日本のリクルーティングは、求人を出す側にとっては、やりがいプレゼンテーションの場なんじゃないかなぁと思います。
 
さて、やりがいという言葉。
辞書で調べると「そのことをするだけの価値と、それにともなう気持ちの張り。」という事でございまして。
求人広告とかだと、価値=対価とするような表現よりも、どっちかといえば気持ちの方をフィーチャーする事のほうが多いかなぁと思います。
モチベーション理論で有名なF.ハーズバーグが提唱した「動機付けと衛生要因の理論」
とかの考えをベースにしておくと、「ギャラ・福利厚生・人的要件・環境」のコミット重視ではなく「仕事の達成感、他社からの認知・承認・賞賛や、昇進・昇格・権限付与、仕事自体の楽しさ」を重視したほうが満足感高いよ!とか端的に言ってますし、マズロー欲求段階説とも沿った理論なので、これに従って求人広告を書いておけば~その後のマネジメントも同じようにやっていけば~不満はそんなに起きないかな?といった感じで(そこまで考えてないかも知れませんが)だいたい広報やらなんやらやっているでしょう。
価値=対価でやると、本当にしっかりコミットしないとあとあとまずいのと、それをやるときりがないという感じで、やりがいが大漁に発生するのかもしれません。
 
対価とかでなく、所謂「やりがい」で幸せになれるなら、まぁそれはそれでいいと思います。が、働く側・雇う側双方、やりがいという言葉に毒されちゃいませんか?と自問自答くらいはしというたほうがいいかもしれませんね。
 
そんな中で、こんな本を読んでみてもいいかと思います。ライトにね。
 
 
新美P@HIRYU KIKAKU

人材採用・活用、レストランや広報のプロデュース・コンサルティングを行ってます。●得意業界:どこでも ●最近よくやる事:Web,動画,ブログ,飲食業界のあれこれ ●本人は、こういう人です。 https://pr-hiryu.amebaownd.com/pages/439787/page_201604281012

0コメント

  • 1000 / 1000