昨日発刊した、タウンワーク東京都心版に関しての感想

 
先日、タウンワーク東京都心版が発刊されました。
東京都23区の駅にラックが置かれ、山手線沿線内の9区内の仕事を発信するメディアです。
目黒駅前でサンプリングを行っておりましたので、1つ頂きました。
ジョブーブの特製クリアファイルが一緒に入っておりました。
 
初版なのでまだ傾向を語る段階ではないとはおもいますが、
感想としては・・・
①初版の求人原稿に関しては全72ページ
②大枠系が目立つ。特に1Pもの、2Pものが多い。
③おそらく、ちゃんと見てくれる枠はA3枠以降という感じがします(ボリューム的には一番多い)
④複数店舗掲載や人数を分捕りたい場合はA5以上でないと、まずそもそも目がいかないので、そこら辺りの出資は考えておいた方が無難
 
ちなみに、2Pフリーは定価136万円ですが、
例えばエリア内10店舗くらいの合同募集をするとすれば、
広告単価的には安く上がるし、しかも目立てるから効果も高いかもなと感じます。
(そもそも、タウンワーク東京都心の価格設定は、通常のタウンワークを3版出した時の価格で設定されているので、仮に10店舗合同で出すとすれば、1店舗分で小枠を出すよりも費用的にも得)
 
さて、結果はどうでるか?来週が楽しみですね。
 
 
=========================
※お電話は、03-3490-4221へお気軽に。
(担当ご希望の場合は、新美で~と、ご指定下さい。)
新美P@RICTEC by 飛竜企画

企画・運用だけでなく、Web/動画の制作・SEOやSNS戦略・ブランディング・モデルコーディネートまでこなすプロデューサー。飲食・サービス業界に関してはセールスプロモーションの実績もあり。趣味と実益を兼ねた活動も随時行っています。

求められ、評価していただける世界にどんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000