シニア採用を積極的に行っている企業まとめ(2014年9月版)

少子高齢化に伴い、若手採用は今後、今以上に厳しい戦いとなります。
もう既にその傾向は出ていますね。
そして、まだまだ多くの企業の採用担当者・経営者は、
「若手がいい!」という考えの所が多いですね。
勿論、次代に会社を伝承していく為に若手を採用するのは必要ですが、
そもそも人出が足りないという時には、やはり主婦(主夫)採用やシニア採用は避けては通れないのではないでしょうか?
 
そんな中で、いち早くシニア採用を行っている企業をまとめてみましたので、参考にしていただけたら幸いです。
 

●ローソンは、クルーの高齢者採用を積極的に行っています。

シニア層は学生やフリーターにくらべると仕事に対する意識が強いだけに勤務態度が非常に良いという傾向が有るとの事。また、シニアといっても50歳代と70歳代とではぜんぜん違うので、それぞれの階層に応じたコミュニケーションを行っている。

●株式会社かい援隊本部は、介護分野の人手不足解消と高齢世代の働く場所の確保
を同時に実現しようとしています。

「若者に介護はさせない」をキーワードに、高齢者が「無理なく」仕事ができる環境を整えて人材を活用しています。

●東邦銀行は、シニア行員の活用を積極的に行っています。

地銀では珍しい取り組みですが、「少子高齢化が急速に進んでおり、高い専門性・ノウハウを持つ人材の確保は不可欠。」という事で、高齢者活用を推進しています。

●「生涯現役マエカワマン」という会社理念が有名な、定年ゼロの前川製作所

社員の1割以上が60歳以上の高齢者。各方面から注目されている企業の1つです。
 
 
いかがでしたか?
シニア採用には、制度設計を新たに作っていかなければならない等の
めんどくさい系デメリットもありますが、いろいろといい事も多いようです。
まだまだ多くの企業が進めていない中、こういう採用に踏み出すのも1つの手ですよ。
 
 
=========================
お仕事のご依頼はこちらから
※お電話は、03-3490-4221へお気軽に。
(担当ご希望の場合は、新美で~と、ご指定下さい。)
新美P@HIRYU KIKAKU

人材採用・活用、レストランや広報のプロデュース・コンサルティングを行ってます。●得意業界:どこでも ●最近よくやる事:Web,動画,ブログ,飲食業界のあれこれ ●本人は、こういう人です。 https://pr-hiryu.amebaownd.com/pages/439787/page_201604281012

0コメント

  • 1000 / 1000