平成31年1月の有効求人倍率最上位は同率で東京と福井だった件

今日公表された有効求人倍率。最上位は2.12で東京と福井でした。なぜに福井がこんなにスコアが高いのだろう。

いつものごとく、5年比較をしてみました。

上昇率最大なのは岡山県ですね。岡山もついに2.0の大台か。

1月で2.0の壁を超えてきてるのが、
東京・福井・岐阜・岡山・広島の1都4県。

5年前なんて0.7とかそういうのもあったのに、みーんなふつうに1超えしてますもんね、そりゃ採用も難しくなってるわけですよね。


とはいえ、これはハローワークのデータなので、まぁだいたいこんなもんだよねくらいで見てもらえばいいとして、リクルートワークス研究所が出した大卒求人倍率調査を見てみると、

300人未満の中小企業の求人倍率は9.91ですと。
そして、5000人以上の大手企業の求人倍率は0.37。
みんななぜか事務系を狙うよね論理と同じような感じですね。


人気があるところはとことん人気があって、人気がないところは、もう目も当てられないくらい感じ。


いやぁ厳しい世の中だ本当に。


新美P@RICTEC by 飛竜企画

企画・運用だけでなく、Web/動画の制作・SEOやSNS戦略・ブランディング・モデルコーディネートまでこなすプロデューサー。飲食・サービス業界に関してはセールスプロモーションの実績もあり。趣味と実益を兼ねた活動も随時行っています。

求められ、評価していただける世界にどんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000