世界初“怒りのツボ当てカードゲーム”『アンガーマネジメントゲーム』をやってみた。

怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」というのがあるのです。自分の怒りの感情と上手に付き合う事だけでなく、相手の怒りポイントってどこなんだろう?っていう事を理解していく事もすごく大事だと思うのですが、そういう事を楽しみながら簡単にトレーニングできちゃうってのが、このアンガーマネジメントゲーム。今日はこれを社内でやってみました。

ランチ会的な形式で、お昼時間にみんなで食べるものを持ち寄って、やってみよう的なそんな会でした。ふだん、こんなランチ会的なイベント、社内ではないんですけどね。

っで、これがそのカードゲーム。

中身は、こんな感じ。

で、複数人いたら楽しいよね。参加人数は5~6名とかがいいかなぁ。最大で12名でできるかな。

進め方としては、

①最初の親を決めます。
②親は、1枚、怒りのできごとカードをひいて読み上げ、怒り度合(0~10の11段階)のポイントを赤い札から1枚選んで、数字が見えないようにテーブルに置きます。

③その後、プレイヤーは順番に緑のカードから1枚、怒り度合いが0~10のどれなのかを選びます。

④全員選び終わったら、「アンガーマネジメント!」とみんなでいいます。言い終わったら、親はあらかじめ引いておいた赤い手札を返して、ポイントを開示します。

⑤ポイントがぴったりだった人には2ポイント。ぴったり合わなかったら、ポイントが一番近い人(場合によって2人出てきますが、その場合は先にカードをひいた人に優先権あり)に1ポイント付与されます。

⑥親は、なぜそのポイントをつけたのかを話します。プレイヤーとも会話します。

⑦これを親をかえてどんどん続けていき、誰かが5ポイント獲得したらゲームセット。


そんな感じのものです。


例えば、怒りのできごとカード、どんな事が書いてあるかというと、

「顔がブサイクだと、バカにされた」

「長年付き合っているるが、一向に結婚の話が出てこない」

「5,000円貸したのに、一向に返ってくる気配がない」

「夜中に友達から電話。何かと思ったら、2時間恋愛のグチを聞かされた」

など、いろいろな怒りのできごとが出てきます。が、人それぞれ怒りポイントがぜんぜん違うので、それを当てるっていうのはなかなか難しかったりします。

そんなわけで、やってみました。

いやぁ、最初はね、超簡単だよ、楽勝だよ。

わりと人の気持ちとかわかるから、結構いいとこまで行くんじゃないかなぁ・・・

なんて思っていました。

思っていましたが・・・


僕、2回戦くらいやりましたが、ポイント0。

人の怒りポイントというか気持ちが分からない男でした、僕。

でも、こいういゲームをやっていくことで、ひとの怒りポイントとかそういうの学べるし、チームビルディングするのにも、もってこいなゲームなんじゃないかなぁと思いました。


あと、これ、ゲームをしながら会話することがすごく大事。

なぜそうなったかを会話する事によって、もっとこのゲームはおもしろくなります。そうでなきゃ、面白さは半減するかもしれません。


ちなみに、こやつは、amazonで売ってます。

あれこれ興味のあるかた
サクッとこちらまでご相談ください。
お電話は03-3490-4221まで。
(土日祝や、20時すぎると受付しません。)

新美P@HIRYU KIKAKU

よろづプロデューサー・ブロガー・食の探求者

人材採用~活用のためのトータルプロデュース、PR(飲食系が多い)のプロデュース・コンサルティングを行っています。

現在は飛竜企画に所属をしています。
求められて、たくさん評価していただける世界に
どんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000