1ヶ月強の入院、嬉しかったorどうしたものか・・・な、差し入れとかお見舞いのあれこれとか。

さて、1ヶ月強の入院を強いられた僕です。ここまで

と、書いてきましたが、今回は、
嬉しかった&助かった差し入れと、これはどうしようかなぁって思った差し入れ。
こちらを書いていこうかと思います。入院した人というより、お見舞いにいかなきゃ的な人に対してアドバイス的なことを僕目線で書いておきます。


【お見舞いって何時くらいに行くのがいい?】

病院にもよりますが、平日はだいたい昼過ぎから午後8時くらいまで。土日祝は朝から午後8時までっていう感じに時間が決まっています。
これっていうのは、平日は昼過ぎまで回診やら治療やらあって、実は現場がかなりバタバタするので、マジで来てくれると困るっていう話です。
もちろん、近親者による手術時の立会いとかそういうのは話は別ですよ。朝っぱらから病院に行きます。僕も6年くらい前、父が癌になった時に有給使って立会いしました。(有給をとった時も会社側から割とブーブー言われましたが、それはまた別の話)


で、何時くらいがいいかっていうと、だいたいベスト時間があります。それが、

14時〜17時あたり、19時〜20時あたり。この辺りはなかなかベストです。

その理由ですが、
「看護師関連の行事が全くない時間帯」だからという事です。だいたい食事が7時半,12時,18時とあって、その前に血糖を測るだと血圧・熱を測るだとか割と看護イベントが発生しますが、この上記時間帯は本当に暇タイムなので最高です。
ただし、14時〜17時あたりは、リハビリをしている時間帯の場合もあるので、ここは事前確認が必要です。


【お見舞いの品、これは良かった!】

ここからは、個人的に「良かった!」な品です。

・無糖系の飲み物

地味にモノを買いに行くのが大変な事が多いです、入院時。なので、これは有難い。無糖のお茶やらペットボトルの水やら無糖のコーヒーとか紅茶とか。特に、薬を飲むのみ水が必要ですからね。これは地味に有難い。甘いモノもいいんですけどね、結局あれってお口さっぱりしないので。

・事前リクエストがあった上での食べ物

病院食を食べているので、基本的には外部からの持ち込み食べ物ってNGです。カロリーとかだけじゃなくて塩分やら脂肪分やら形状も病状によって細かく計算されていたり、食べた量だとかも細かくチェックされるので。ただし、そこまで制限のない場合はまぁ、いいので、その場合は事前リクエストあればっていう条件付きでOKだと思います、実は僕、これで相当助かりました。

・癒しグッズ

これも、事前に聞くのが一番いいですが、癒しグッズ、これは良かったですね。僕的にヒットしたのはアロマグッズ。そして、めぐリズムのホットアイマスク。僕の場合、PCを院内で使うことが非常に多かったので、これは良かった。そのまま眠りにつける位落ち着けました。

【これはどうしようか・・・って思った差し入れ】

・ノンリクエストでの食べ物

割と有難いんだけど困る系のものがこちら。冷蔵庫も大きさが限られているのに要冷蔵だとか、いや、これいま病状的に食べらんないよ的なお菓子とか。そういうのはめっちゃ困りましたね。
ちなみに、そういう系のものは殆ど看護師さんや医師チームにあげました。美味しく食べていただいたので、これはこれでおっけいかなぁと思ってはいます。

・かさばるもの

ありがたいんだけどね、これ退院時持って帰るの大変なのよ。なるべく身軽で退院したいわけなので。やっぱり消え物とかの方がありがたいよなぁ。


【僕はもらってないけど、これは絶対あかんやろ!な差し入れ】

・花など

そもそも病院的にアウト、衛生上ね。OKでも鉢植えとか持って来たら、ふざけんな的な感じよね。持ち帰るのも大変だし、根付いちゃうイメージあるし。

・パジャなとか衣類

いや、好みとかあるからさぁこういうもの。それに寝付く=入院もっと長く!的な感じでいやじゃん。


【気が利く系の差し入れ】

・小分けできるお菓子やら何やら

みんなで食べたいじゃん、とか、病院スタッフにも分けたいじゃんとか、色々使いようがあるから、これはいいね。

・タオル系

これね、病院生活でわりと使う。肌触りいいものだと、これがまた地味に嬉しい。



いずれにせよ、相手のことを考えてもの選びすると、
めっちゃくちゃ感謝されます。その逆も真なり。
こういうのが、本当に病と闘う力になりますので、
このあたりは、割と気を配っておくといいことだと思います。


あぁ、でもそもそもの話ですが、

「お見舞いに行ってもいい?」

っていう確認が事前に必要よ。

ぶっちゃけ、1人にさせてくれって思う事、割とあります。
めちゃくちゃ痛いとき、衰弱しているとき、
ものすごくナーバスになっているときとか。
正直、誰とも会いたくない事があります。

こんな時に、「お見舞いに来てやった」感を出されると、殺意しか湧きません。


そんな感じです。
病人目線だと、こんなことを感じました。




新美P@HIRYU KIKAKU

よろづプロデューサー・ブロガー・食の探求者

人材採用~活用のためのトータルプロデュース、PR(飲食系が多い)のプロデュース・コンサルティングを行っています。

現在は飛竜企画に所属をしています。
求められて、たくさん評価していただける世界に
どんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000