SNS(特にinstagram)で広告を出す時に注意する事

求人広告を取り扱っていますが、

正直僕の場合、facebookやinstagram、YouTube Trueviewとかadwordsの運用をしている事が増えてきました。もちろん、リクルーティングで。

ここらの運用と効果出しに関しては、他の求人広告代理店さんはもちろんですがネット広告専業の方々にもたぶん負けないと思ってます、今は。


そんな折、instagramで求人広告を運用していて、ちょっと実験的にハッシュタグで細かな地名を書いて運用してみようと思ったわけです。


例えば、

#心斎橋

とか

#吉祥寺

とか。

これを割と多めにガシガシ出すと、なんと広告承認が下りないわけです。


自動的に、制作している広告が求人モノだとinstagram側が理解して、承認を下ろさないようです。キャプチャを忘れましたが、おそらく職安法上でいう「思想信条とか居住地とかそういうので差別しないでね」っていうのがアラートとして入ってきたみたいです。えらい賢いな、facebook / instagram広告。

ただ、大阪とか東京とか名古屋とかっていう大きなくくりだったら別にハッシュタグ付けても問題なかったですね。テキスト本文も特に問題なし。


やっぱり、ハッシュタグの使い方かなぁ。



まだまだ奥深いもんです、SNS広告の求人活用は。




プロデュースのご依頼は、新美まで。

新美P@RICTEC by 飛竜企画

企画・運用だけでなく、Web/動画の制作・SEOやSNS戦略・ブランディング・モデルコーディネートまでこなすプロデューサー。飲食・サービス業界に関してはセールスプロモーションの実績もあり。趣味と実益を兼ねた活動も随時行っています。

求められ、評価していただける世界にどんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000