Google for jobsいよいよ日本ローンチ!? 自社求人サイトに必要な2つの対策

おぉ、いよいよ、僕が提唱している「さよなら求人広告」が、また前進するみたいですね。

僕が持っているPCやMAC,iPhoneとかではテスト実装を実際に見る事ができませんでしたが、一部ですでに日本国内でテスト実装してるみたいですね、Google for jobs

特に掲載料金云々の話とか出てきてないですし、

ここで出ているように、構造化データさえ吐き出せるなら、もうそれで掲載可能ってなわけなので、対策せにゃいかんでしょう。当然求人サイト運営しているところは、早い所だったら構造化データのプログラムをすでに実装しているはずです。


で、自社で採用サイトを運用するようになった最近の人たちのお話をしておくと、
とりあえずindeedにインデックスされるように求人ページは作ってもらってるかと思います(この時点でやってないっていう企業さんは、さくっと僕にご相談!)
が、こんどはそれにプラスして、Google for jobs対策をせにゃいかんくなったわけです。


なので、自社だろうがなんだろうが、採用サイト運用する場合は

①indeed準拠のサイト構成にする。
②求人情報の構造化データを求人情報のウェブページに追加

これらが必要になってきますよっていうお話。

もちろん、コンテンツ全部が検索させるための重要なコンテンツになるので、

今まで以上に中身コンテンツをしっかり作り込む必要がああります。



こういう準備は正直、さっさとやったもの勝ちです。
まだでーすっていう所は、さくっとご相談くださいませ。


弊社で、indeedやGoogle for jobs対策のサイト作りとか運用とか可能なので、ぜひに。



人集めとか活用とかどうしようと思った人事・経営者の方
PRとかどうしようかなぁと考えている方
サクッとこちらまでご相談ください。

お電話は03-3490-4221まで。
(土日祝や、20時を過ぎると電話が繋がらなくなります)

新美P@HIRYU KIKAKU

よろづプロデューサー・ブロガー・食の探求者

人材採用~活用のためのトータルプロデュース、PR(飲食系が多い)のプロデュース・コンサルティングを行っています。

現在は飛竜企画に所属をしています。
求められて、たくさん評価していただける世界に
どんどん行きます。

0コメント

  • 1000 / 1000