人的リソースでは分析しえない大量のデータを活かした”人間の行動パターン分析”をコアテクノロジーとするSQREEM Technologies社のArtificial Intelligence (A.I.)を活用して、より感度の高い求人活動を行います。

人基点の広告ターゲティングには限界があります。何故かといえば、そこに「人の感情」が入っていないから。ただ単純なログデータや経験則のみに頼ったターゲティングと広告運用が今でも主流であると思います。

さらに、GDPRの件もあり、個人情報取得に関してもビビッドな問題が出てきてもいます。

そこで、米諜報機関が採用する行動パターン認識AIの技術を持つ世界最大規模のデータアグリゲーターであるスクリームテクノロジー(SQREEM Technologies)社と協力して、この技術を人材採用の世界に投じていこうと考えております。

行動パターン認識AIの特徴

・データソースは、サーチキーワード(Google, Yahoo, Baiduなど)、Webサイトトレンド(Alexaなど)、SNS(Facebook, Twitterなど)、金融情報、ニュースサイト、各主要Webページなどのオープンデータに加え、142社のデータプロバイダーから情報を日々トラックしています。

・世界最大の行動パターン・データ・アグリゲーターでありながら一切の個人情報は特定していません。

・匿名データのみであるがゆえにGDPRにも100%遵守。

・データの出処が重要なのではなく、データを以てどう意味づけるのかが重要だという考え方を持っています。

・クライアント様から一切の情報を頂かず、独自データソースを活用することによって今まで知りえなかったカスタマー・インサイトの提供が可能。

行動パターン認識AIをどう活用するのか?

・限られたデータソースを主観的なロジックでしか運用できない従来型マーケティングと異なり、データ収集からアウトプットまで客観的なロジックで広告ターゲティングを設定し広告を投下、運用を行っていきます。

・即結果がでるものではなく、A,I.に学習をさせながら広告運用を行っていくことにより、徐々にクライアント様独自の勝ちパターンを構築していきます。

・最終的には、A.I.によって自社の勝ちパターンを最短で手に入れつつ、安定的に効果的な広告運用と結果を得る事が可能となります。